厄介なところ

口の中の病気の厄介なところは、むし歯や歯周病があるのに

今、何も問題ないと思ってしまうこと。

自身の現在の状態に気が付いていないこと。

むし歯や歯周病の問題だけなく、

咬み合わせと咬む力による影響を受けていることを知らないこと。

その他色々・・・

命に直結することは少ないですが、

状況によっては出来ることに限界が生まれ、

長く付き合っていかなければなりません。なかなか厄介なのです。

ですので、口腔内は大切です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

あなたの歯ブラシどうなってる?

歯ブラシの毛先がこんな風に広がっていたら交換の合図です。

弾力性、コシが失われているので

歯についた歯垢を落とす力が失われているからです。

また、数日とたたずこんな風になる場合、それは磨く力が強すぎます。

毛先が潰れるような力で磨いていると歯垢を落とせていません。

適切な力加減でおこなうことが大切です。

こんな風に広がってるなら、まず歯ブラシを交換しましょう。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

行動変容が難しい

むし歯や歯周病を予防するために歯磨きは必須ですが

歯磨きだけでむし歯や歯周病が完全に防げるわけではありません。

ですが、最低限必要なのです。

で、その歯磨き。

多くの方が磨いてほしい肝心なところを

上手によけて磨いてしまっています。

長い習慣で身についた誤った磨き方を

一度や二度の歯磨き指導だけで、修正するのは容易ではありません。

ご自身でうまく磨けているかどうかを

自己の基準だけで判断・完結せず、歯科衛生士の助言に耳を傾け

正しい歯の磨き方を身につけましょう。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

初期が大切

年齢が低い時から歯肉の慢性炎症があっても

初期の段階では自覚症状に乏しいことがほとんどです。

そして慢性炎症を抱えたまま年齢を重ねたときに

歯肉炎が歯周炎になり

歯周病の症状が不定期に、時には次々と表れます。

そのころには咬み合わせの問題も出てきますので

治療を開始しても効果が限定的で、できることに限りが出てきます。

ですので、初期での対応が大切なのです。

初期にその重要性になかなか気がついてもらえないのがもどかしい。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

経験

小さいお子さんの場合、むし歯があっても治療への不安や恐怖から

治療用の椅子に座れなかったり座っても口を開けることを拒否したり、

歯磨きも出来ず、治療できない場合があります。

ですので、椅子に座る、口を触られる、歯科用ミラーや、吸引機、切削器具等が

口の中に入ってくることに慣れる必要があります。

思うように進まず月日がたち受診を諦めたり、忘れたりすることもあると思います。

その後、ふと歯科受診の必要性を思い出し、医院を変えてみたら

今度は以前より上手く治療に臨めるようになっている・・・

なんてこともあると思います。

実際、当歯科で色々頑張ったけど、進まないから他の医院へ移ったら出来た!

ということも当然あると思いますし、

また他の歯科医院で慣れるための訓練したけど、上手くいかず

当歯科医院に来たら、上手くできた。ということもありますね。

上手く行ったり行かなかったり、訓練と経験、成長を経て

進められるようになっていくとよいですね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

こだわりは正解か

歯科医師ですから歯を残すことにこだわるのはもちろんなのですが

無理に残すことで、不定期になんらかの症状が出ることもありますし

その周囲の歯や歯肉、骨、咬み合わせ等に影響が及ぶことがあります。

そのため、抜歯の選択をせざるを得ないこともあります。

患者さんも種々の不安があって

歯をどうしても残したいという気持ちが強まるのだと思いますが。

歯を残すことにこだわりすぎて

適切な治療のタイミングを失い

その後、状況が悪化してしまうとより大変です。

抜歯を選択せざるを得ないこともあるのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

歯を口腔内を大切に

  

年齢を重ねることでなんらかの疾患にかかってしまう事は

避けられないことでもあります。

様々な疾患を抱え、身体機能が低下してから

むし歯や歯周病の治療となるとこれがなかなか大変です。

口腔内が重症化し、咬合崩壊しつつある状態だと

そこからの口腔機能回復も難しくなってしまいます。

ですので、若い時から歯を、口腔内を大切にしておくことが重要です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

長く付き合う

口腔内の疾患が命に直結することは非常に稀ですが

むし歯や歯周病の状況によっては痛みや腫れ、

治療を繰り返すことが少なからず起こり得ます。

また歯並びや咬み合わせ、

咬む力による影響も受けて口腔内は変化していくため

長く付き合っていかねばなりません。

そのためによい状態を維持するよう努め大切にした方がよいのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

希少価値

タグの取り付け位置のミスなどで

ある意味正規品と違って価値の出る服とか、シューズとか

そういうのありますね。

頬側に刻印があるバンド・・・

とくに価値は変わりません。

レアでもないかも。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

すすぐだけはダメ

歯磨き指導を行うと

口をすすぐのではダメですか?と質問がありますが

歯垢は歯にべったりとくっついて意外と落ちにくいのです。

ですので、歯ブラシをきちんとあてて機械的に落とすことが重要です。

車のボディの汚れとか、

お風呂周りの汚れとか、排水溝の汚れとか、

強い水流をただあてても落ちないのと同じです。

ちゃんと擦って落とすことが必要です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。